風俗ブログ「チャイエス三昧」

海外出張のついでに遊んでいる夜遊び大好きダメリーマン。最近は日暮里のチャイエスを中心に開拓中。チャイエス嬢の印象と出費を記録していきます。提灯記事に釣られてもめげない!(・ω・)

2019年02月

3
どうもデリフです(・∀・)
最近ハズレの嬢ばかり引いているので何とかしたいものです。
ダイヤモンドのHPを見ていると日本人の子がいますね。確か昨年にも一時期いたような気がします。当時も気にはなっていたものの結局入る事はなかったのですが、今回タイミングが合ったので入ってきました。




女の子情報




【店名】日暮里ダイヤモンド
【URL】http://ni-diamond.net/
【場所】日暮里(デリヘル)
【料金】60分11,000円+レンタルルーム2,000円
【女性】さき(19歳)
    T.160cm B:87(E)W:56H:88



【推定年齢】20代前半
【パネマジ度】ほぼそのまま
【女性の体型】スリム――★――デブ
【喫煙の有無】吸わない
【満足度】★★★★☆(4点)

プレイ内容

さて、レンタルルームに入ってしばらく待っているとさきちゃんが登場しました。
まー本当に日本人、普通にいる日本の女の子だわ。写真は少しロリっぽい感じが入っていますが実際はもう少し大人っぽい雰囲気。当然ながら会話も普通に通じます、ただ愛想が悪いわけではないですが、人見知りなのかあまり喋らないですね。いやーなんか普通のデリヘルだわ。

というのが僕の率直な第一印象です。


シャワーに入ろうと服を脱ぐと、おっぱい大きめですがEはさすがにないような気がします。それと全体的にムッチリしてます。おっぱい揉みながら身体を洗ってもらいました。

いろいろ話をしながらベッドに横たわり、さきちゃんから先に攻めてもらう事にしました。
軽いキスから始まり何度かチュッチュしながら舌を入れていくとそのまま受け入れてくれます。

乳首舐めからフェラチオまではしっかりとやってくれます。わりと自分の流れで淡々と進む感じはありますが、この辺りはさすが日本人というか日本のデリヘル仕込みといったところでしょうか。裏スジを舐めたりとわりとねっとりなフェラで大変よろしい。

でもなんか次の手順が見えてしまうというか、淡々と進みます・・・

攻められている間も事あるごとにおっぱいを揉みながら乳首をコリコリと触ってましたが、さきちゃんも感じやすい方なのか乳首もビンビンに立ってるのが分かります。股間の方へ下っていくとすでに濡れ始めています。

クリをいじりながらクンニしているとすぐビショビショに濡れ始めたので、指を入れながら攻めると、「あん!ん!ん!」と可愛い声を上げるので、こちらもテンションが上がってイクまで舐め続けたりしちゃいまいた。

もういい?と催促してくるのでゴムをつけて正常位で素股スタート。まぁこの辺は普通だったのか特に記憶があまりないです。バックですると大きめなお尻なのでスパンスパーン!とつい音を立てたくなるのは仕方ないですねw寝バックの姿勢でお尻を広げながらグイグイと奥まで押し込むのは非常にエロいです。最後はそのままバックでフィニッシュでした。


まとめ

さきちゃんは感じる時に一瞬盛り上がるんですが、その後急にシュンと冷めちゃう感じがあって本人も抑えてるんですかね。イチャイチャって感じではないので人によって評価が分かれるとは思います。
まぁ新宿や池袋のデリヘルに行くとこの値段で若い子とハメる事はないと思うので、確かに安く遊べるとは思います。

でもやっぱり普通のデリヘルって感想です。
僕は日本人だから~とか外国人だから~とかあまり気にしない方だと思っていたけど、もしかしたら単純に外国人好きなのかもしれないと思っちゃいました。


それでは僕の体験が皆さんのご参考にもなれば。
以上、デリフでした。

どうもデリフです(・∀・)

前回からの続きです。まだ読んでない方は先にこちらからどうぞ

http://chaieszanmai.xyz/archives/15690409.html


さて、思いっきり恋人気分で彼女を迎えたのにいきなり交渉開始となってしまったデリフ。
正直自分の愚かさを呪いながら、据え膳を前にして引くことができない自分をまた呪います。

仕方ないので、ベッドの上で正座して考えます。
今日はすでにホテル代まで使ったので正直手持ちがあまりありません。

「1万!」

「NO!」

(;´Д`)・・・(退けない!今さらここで退けない!!)

「せっかく仲良くなったと思ったのに!」

「オカネハダイジ!」

(;´Д`)・・・(僕のお金も大事!)


じゃあいいよ、とりあえずキスしようよと抱き寄せます。

キスは出来るんです。今の話がなかったようにまたキスを重ねて、いざ服を脱がせようとすると

「イクラクレルノ?」

(;´Д`)・・・(くそぅ!また振出しだ!)

そんな事を3回繰り返して結局もう少し色をつけて交渉成立となりました。
その後のプレイ自体はお仕事っぽさがなくイチャイチャできました。というよりむしろチャイエス嬢的なお仕事をしてくれなかったです…。うーん、なんか損したような気もします。
しかし、普段は相部屋で狭いところで寝てるという彼女。とても気持ちよさそうに寝ている寝顔を見ているとなんだか許せてしまいますね。

そのまま朝まで一緒に寝て起き掛けの一発をかました後は、彼女の出勤時間になるまでゆっくりしてからホテルを後にしました。

昨晩まではまさかチャイエス嬢と一緒に朝を迎えるとは思わなかった。しかしまぁ朝までロングで持ち帰ったと思えば大したことはないです。



・・・・・・というのが彼女と出会った日の事だった。


やはりキャバクラと一緒でチャイエス嬢も深みにハマると危ない。
これもまた良い経験だったと週明けから仕事をしていると、「会いたいです」とメッセージが飛んでくる。

僕はもう知っている。彼女と会うにはお金が必要だということを。

「また一緒に寝たいです」と言う。

僕はもう知っている。深みにハマってはいけないという事を。

しかし僕はやはり愚かなのだ。たまたま近くにいるよと返事をすると彼女が待機所を出て駅まで迎えに来てくれた。明日も仕事だから今日は早く帰らないといけないんだと言うと、「またブラブラしたいです」と言う。

僕らは今日もまた、街を二人で歩きながら呼出しがあるまでの刹那を楽しんでいる。


(完)


という感じの子と出会いました。その後も空き時間に散歩したり、彼女の仕事終わりに一緒にホテルに泊まったりするのを何度か繰り返していました。店外デートといっても日中どこかに遊びに行くようなデートではなかったですが、皆さんの店外デートはどんな感じでしょうか?

次の来日の予定はないと言って彼女は国に帰りましたが、つい先日彼女から電話が来たので懐かしく思い、記事にしてみました。

冷静に事実を述べるとチャイエス嬢が裏引きしただけの事なんですが、僕はお泊りよりも散歩の時間が一番楽しかった。キスはタダだったし!(・∀・)


それでは僕の体験が皆さんのご参考にもなれば。
以上、デリフでした。

どうもデリフです(・∀・)

お気に入りの嬢が出来ると連絡先を交換したり店外デートもしたくなりますよね。
僕も時々そういう事があります。でも所詮は客とチャイエス嬢。のめり込んじゃいけないのは分かっちゃいるけどなかなか止められないものです。
今回、僕が実際にどうやってチャイエス嬢と外で会うようになったのか、体験談のひとつを記事にしてみたいと思います。
それではどうぞ!




彼女と初めて会ったのは休日の夕方頃にお店に電話してたまたま空いていた子だった。

中国の東北出身の出稼ぎ嬢、子どもや旦那はいないと言っていたが経産婦の腰つきをしているし、チャイエスによくいるタイプの嬢だ。プレイ自体はまあまあ満足した子だった。日本語は来日してから独学で勉強を始めてまだカタコトだったので、お互いに日本語と中国語をミックスしながらの会話だった。

プレイ終了後に服を着ながら「ご飯食べた?」と聞かれてまだだよと返事する。

中国人が言うご飯食べた?は、日本人にとって天気の話題を出すのと同じで枕詞みたいなものだ。
「ふーん、何食べるの?」と聞かれてラーメンかなぁ?と靴を履きながら適当に返事をしていた。

本当に適当な返事だった。


話の流れで「一緒に食べに行くか?」とふと聞いてみる。
女の子は「本当に一緒に行くの?」と笑いながらお店に終了の連絡をしていた。

いつもそんなものだ。

僕も本気で言ったわけではなかったし、お店の人への連絡も終わり、後はもう部屋を出るだけだ。

電話を終えると、その子はまだ帰ろうとしなかった。

上着を着たままベッドに横たわりスマホをいじり始める。ホテルの時間はまだ余裕があったので僕も横になって一緒に微信のログを見る。たくさんの通知がある中で子どもの親の学級グループがあるのを見つけた。子どもは何歳なの?と聞くと、まだ小学生だという。

(というかさっき旦那も子どももいないって自分で言っていたのはもう忘れたのかな?)

よくあるチャイエス嬢の嘘なので今さら驚かない。

子どもや家族の写真を見せてもらいながら、まだ帰らなくていいの?と聞くと、「この後お客さんいないから暇」と言う。じゃあまだゆっくりしていいよとキスを繰り返す。さすがに再戦するほどではなかったがしばらくイチャついた後に、暇なら本当にご飯食べに行こうかと言いながら立ち上がる。彼女も「本当にいいの?」と少し嬉しそうに笑いながら部屋を一緒に出る事にした。


どうやら少し気に入られたようだ。


何が食べたい?と話をしながらやっぱり中国料理にしようと近くの店に入る二人。
ビールを頼もうとすると彼女も飲みたいと言う。仕事中だけどいいのか?と笑いながら瓶ビールを頼み二人で乾杯した。お酒は強くないと言いながらもコップに注いだビールをテンポよく飲みながら中国にいる家族の事を僕に話してくれた。中国人は家族を大事にするというのは本当だ。彼女もまた家族の話をしている時はとても楽しそうだった。

料理を食べ終えて茶を飲みながらまったりしていたが彼女が呼び出される気配が全くない。「今日は暇みたいね」と店を出て一緒に駅の方向へ向かう。
待ち時間は何をしてるの?と聞くと待機部屋で寝てるか散歩していると言う彼女。他の嬢と特に仲良くする事もないようで暇なようだ。

だんだんと駅が近づいてきた頃、「次いつ来る?」と彼女が口を開く。来週あたりかな?とまた適当に返事をした僕は、それじゃまたねと駅の喧騒に紛れようとしたが、彼女は握った手を離そうとしなかった。


呼び出しがあるまで散歩するか?と聞くと、「うん」と嬉しそうに頷く。


僕らは駅を抜けて住宅街をあてもなく歩きはじめる。

「こういうのをブラブラするって言いますね」と覚えたばかりの日本語を確かめるように話す彼女。

ゆっくりと会話をしながら二人が歩く速度もゆっくりだ。彼女は僕の腕を組みながら時折後ろを振り返る。人がいないのを確認すると立ち止まりキスをする。ウフフと少しはにかんだ後に歩みはじめ、また振り返りキスをする。彼女の肩を抱きながら散歩する、そんな長年連れ添った恋人のような二人の時間がゆっくりと過ぎていった。


僕らは数時間前に初めて会ったばかりだが、恋人に至るまでの階段をすっ飛ばしていきなり体を重ねている。客と風俗嬢の二人だ。それ以上の関係でもないのは十分承知しているし期待もしていない。

そのつもりだった。

でもなぜだろう。ゆったりとした時間を過ごすうちに彼女とまだいたいという気持ちが芽生えてしまった。

今日はこのまま仕事を終わらせて朝まで一緒にいないか?と彼女に聞いた。
「ダメ、ママに怒られるから戻らないといけない」と答える彼女。そりゃそうだよなと当然の回答に僕は何も言わなかった。何も言えなかった代わりに彼女の頭を引き寄せて額に軽くキスをしていた。

と、その時彼女のスマホが鳴り出した。どうやら客がついたようだ。
「行かなきゃ」と彼女は僕とは別の方向へ歩き出した。また連絡するよと言う僕に彼女は振り返らなかった。


駅へ向かう僕は一人だった。もう23時になろうとしており、歩くスピードも少し早くなった気がする。


改札を抜けようとした頃に微信の着信音がなった。彼女からだ。

「今日は楽しかった。もう遅いから家に帰ってくださいね」


僕は彼女が嘘をつくという事をもう知っている。


僕が改札の前で立ち止まり、仕事終わるまで待つからまた会える?と返事をすると、「仕事終わるの遅いからあなた帰れない」と言う。

それじゃ近くのホテルに泊まるよと言うと「本当にいいの?」と彼女が返してきた。正直なところ彼女が本当に来るとは半分も信じていなかったが、彼女もまた半信半疑なのだろう。

しかしせっかくの流れを断ち切るのはよくない。僕はまた駅を抜け、近くのホテルに入り彼女を待つ事にした。もし本当に来てくれるのならと彼女の事を信じてみる気になっていた僕だった。


深夜になりうたた寝しそうになった頃、テーブルの上に置いていたスマホの着信音が鳴った。これからホテルに向かうと。


しばらくしてドアを開けると、そこには彼女が笑顔で立っていた。


ドアを閉めるや否や僕は彼女を抱きしめキスをしていた。会いたかったとさっきよりも情熱的にキスをしていた。彼女もまた会えて嬉しいと僕の首に両腕を回して抱きしめてきた。

二人はそのままベッドに横たわり何度もキスを交わす。そして彼女が口を開いた。



「アナタワタシニイクラクレルノ?」




ですよねーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


(次回に続く)



2
どうもデリフです(・∀・)

なんとなく風邪気味のようなそうでもないような微妙な体調ですが、日暮里の近くで用事があったので早々に用事を済ませた後に寄ってきました。




店舗情報




【店名】究極ラヴァーズ
【URL】https://www.kyukyoku-lovers.com/
【場所】日暮里(デリヘル)
【料金】80分11,000円+レンタルルーム2,500円
【女性】さや(23歳)
    T.156cm B:82(C)W:56H:82

【推定年齢】40歳
【パネマジ度】面影あり
【女性の体型】スリム―★―――デブ
【喫煙の有無】吸わない
【満足度】★★☆☆☆(2点)

プレイ内容

すぐに入れる嬢をお店に聞いたところ、しっかりサービスする子だよと教えてもらってさやちゃんに入る事にしました。写真を見て年増の匂いはプンプンしますがまぁサービスをしっかりしてくれるなら30代半ばでも問題ないでしょう。

案内されたレンタルルームに入って、ドアを開けると立っていたのは


(´;ω;`)想像以上におばちゃんやんけ・・・


どうみても40歳なのでここからはさやちゃんではなく「さやさん」と呼ばせてもらいます。
写真は間違いなく本人ですが5年以上前の写真って感じですかねぇ。さらに茶髪のソバージュがBBAに拍車をかけてしまってます。何というか小森のおばちゃまを彷彿とさせるような・・・。声もしゃがれ声で色気ないです。肌も少し褐色な肌でシワや肌のハリ等も隠しきれないので、やはり年齢が見え隠れしてしまいますね。

一応ですね、小柄で胸は小さめですがウエストも細めで体型は崩れていません。水泳やヨガをやっているみたいで体型維持は頑張っているようです。若い頃は綺麗だったんだろうなーと思います。

こういう時はいつも相手の良いところを探しながら自問自答するんです。おいデリフ、お前本当にイケるのか?と。


(・∀・)・・・まだイケます!


とは言いつつテンションが上がりきらないままですが、日本語が上手なので話をしながら服を脱いでシャワーを浴びに行きます。すでに期待はしていませんが特に脱サポ等はありませんからね。あ、おっぱいは小さいので垂れていませんし乳輪も小さめなのはグッドです。

プレイ自体はわりと一生懸命やってくれますし、乳首舐め等もここが気持ちいいと言うとそこを集中的にやってくれようとします。生フェラもこちらを見つめながら一生懸命舐めてくれますし、ディープキスもしっかり舌を入れてきます。ただ、何となく噛み合いません、うーん。

こちらから責めるとわりと感度は良さそうで、ピクピクと身体を小刻みに震わせて感じてくれますね。声を大きく上げそうになると自分で口を塞いで抑えようとしますが。指入れはNGとの事でクリを集中的に舐めるとビクビク感じてくれます。時折舌を中に入れていくとどんどん濡れてくるのでこういう攻めは好きなんだねー。

いざ素股となり、ゴムを付けてもらいながら「ゆっくり挿れてね」と言われて正常位からゆっくりと奥まで挿れた後はしばらくじっとします。


(´Д`)なんか緩い・・・


僕のチンコは特別大きいわけではないのですが、太めなのでLサイズのゴムでないとキツくて痛かったりします。なので大抵の子としても緩いという事はないんですが・・・

(´Д`)やっぱり緩い・・・


ゆっくり動かすとビクビク震わせて感じているようなのですが、特に万個も締めつけるような感覚はありません。両腕でしっかりと抱きついて密着しながら感じてくれるのですが・・・


(´Д`)どうにも緩い・・・


まぁイケない程ではないので何とかフィニッシュです。しかし2回戦まではやる気が出なかったのでそのまま時間が来るまで話をして終了でした。

まとめ

うーん、サービスは一応しっかりやってくれますがイマイチ噛み合わないし、恋人プレイのようにイチャイチャするわけでもなくハズレでした。ハズレを引くのはこの際仕方ないとしても、初回はやはり60分で入って様子見しないともったいないですね。


それにしても2週連続でハズレかー!

cell_600


それでは僕の体験が皆さんのご参考にもなれば。
以上、デリフでした。

5
どうもデリフです(・∀・)

前回は何とも味気ない嬢に当たってしまい不完全燃焼でしたので、連続で失敗はしたくないという思いから、エロエロなサービスが良かった究極ラヴァーズのりのちゃんに再度突入してきました。





店舗情報



【店名】究極ラヴァーズ
【URL】https://www.kyukyoku-lovers.com/
【場所】日暮里(デリヘル)
【料金】100分14,000円+ホテル3,300円
【女性】りの(23歳) 
    T.163cm B:83(D)W:57H:84



【推定年齢】30代半ば
【パネマジ度】面影あり
【女性の体型】スリム――★――デブ
【喫煙の有無】吸わない
【満足度】★★★★★(5点)

プレイ内容

お店に電話すると希望時間で入れるとの事だったので、身体の疲れが全然抜けきっていなかったのもありゆっくりしたいと思い長めの時間で入りました。

予約時間にホテルに入り部屋で待っていると早速りのちゃんの登場です。
ドアを開けた瞬間にあっ!とすぐに気づいたようで、た会いに来てくれてありがとう♪とキスを交わします。今回はホテルを選んだ為レンタルルームよりも明るめの照明だった為、前回よりも歳が上に見えてあれ?と思ったのは内緒ですwしかし今日はサービス重視で選んだので全く問題ありませんw

しばらくベッドの上で話をしながらキスをしたり胸を弄ったり太ももを触ったりしていましたが、相変わらずの激しいディープキスでテンション上がります。
お風呂に行こうと立ち上がると、「今日は何回する~?」とご機嫌な感じでブラの中からゴムを取り出す仕草がちょっと可愛い。

疲れてるからゆっくりお風呂に入りたいと話すと、「お疲れさま」と服を脱がしてくれるし、全身や頭も洗ってくれてドライヤーで髪も乾かしてくれるしで、りのちゃんのホスピタリティは抜群ですね。


( ´∀`)あー今の僕はこういうの求めていたんだ


今までも気に入ったチャイエス嬢には何回か裏を返した事があるのですが、
嬢によってはなあなあになってしまいサービスが手抜きになってしまう時があります。
(会話重視だったりプレイ重視だったりでケースバイケースですが)
その点、りのちゃんは2回目でもサービスが全然変わらないのは素晴らしいですね。
会話もまたいろいろと話をしてさらに仲良くなれた気がします。

プレイも前回同様に顔から脚まで全身をベロンベロンに舐め回され、ディープスロートアナル舐めもしっかりやってくれます。
気持ち良いからもっと!と言うと嫌な顔せずに延々とやってくれます。

そのままフェラをしてもらいたかったので69の体勢になってこちらも舐めまくります。
指を入れてGスポットの辺りをいじると中がキツくなって感じてくれるのがまたテンション上がりますね。

正常位での素股は抱きついてきてより密着させながらキスも求めてきます。相変わらず中も締めつけてくれてゆっくりと奥深くまで腰をグラインドさせながら大満足のフィニッシュでした。フィニッシュ後もしばらく挿入したままで余韻を楽しみます。

その後は添い寝しながら話している内にムクムクっと勃起してきたので、今度は騎乗位から始めてバックに体位を変えていきます。ムッチリとした大きめのお尻はバックが最高ですね!\(^o^)/
寝バックで奥までグイグイ挿れると「あ”あ”あ”~」と声が大きくなっていくのもまたエロくて最高です

最後までいろいろと体位を変えながらまた大満足の2回目フィニッシュでした。

今回は100分のコースで入ったから頑張れば3回イケるかなと思ってましたが、2回戦が終わった時点ですでに終わりの時間となってしまいました。

お風呂に入ったせいか時間配分を間違えちゃいましたが十分満足でした。

まとめ

裏を返してもエロエロのままで最高でした。また入りたくなる子ですねー。
サービス重視の人向けです。

それでは僕の体験が皆さんのご参考にもなれば。
以上、デリフでした。

↑このページのトップヘ