どうもデリフです(・∀・)

ブログを立ち上げて早1週間、実は困ってます。
チャイエスのレポは頻繁に更新していきたいけど毎日行けるほどお金と時間がありません。(だって普通のサラリーマンですから)もう行き詰まっちゃいました・・・。
なのでチャイエスに限らずもう少し幅を広げて僕のエロ体験を共有していきたいと思います。


一時期はニュースで中国人観光客の爆買い等がよく報じられていたように外国人観光客が本当に増えましたよね。新宿や池袋あたりを歩くと外国人だらけで、ここ日本!?と思う事もあります。

彼らのマナーの悪さに時々辟易しちゃうこともありますが、
観光客っていろんな人が来日しているわけで、中にはエスコートガール達もたくさん来日しているわけですよ。

そういう子達が日本に遊びにきたついでにちょっと稼いでいくって実は多いんです。
中にはマカオ~台湾~日本~韓国といったように各国を周遊しながら稼いでる子もいたりします。
人種は様々ですが最近はビザの緩和もあってタイ人が多いですね。もちろん中国や韓国、欧米もいます。

こういう子達の特徴として、大半は整形だけどモデル級超絶可愛いです。
韓デリ級に修正された写真の子が現実にいたりします。

マジで超絶可愛い子がいます


おいおいデリフよ、可愛い子がいるのは分かったけど一体どこにいるんだよ!?と皆さん思いますよね。


外国人がよく使うSNSやマッチングアプリで探すとたくさん出てきます。
SNSは特に付近の人を探す機能がついているアプリがベストです。
中国系ならWechat、フィリピンや欧米系ならSKOUTあたりですね。少し前まではタイ人がよく使うBeetalkがありましたが、これは周囲サーチの機能が撤廃されたので使えなくなりました。出会い系のマッチングアプリなら国内はPC MAXが有名ですがTinderも手っ取り早いです。


SNSやTinderで探す時はちょっとしたコツがあります。
まず素人っぽい子を探すのではなく、モデルのような綺麗な外国人の子を探してください。
画像をパラパラとめくっていくと、プロフィール欄にLINEやWechatのIDを載せている子が見つかると思います。IDを載せているのは確率が高いのでマッチングはすっ飛ばして直接SNSで連絡を取っちゃいましょう!会話が基本英語が多いですが簡単な英語でも全然問題ないです。ここは臆せずにいった者勝ちですよ。

ちなみにタイとフィリピンで綺麗な子にはニューハーフの罠が潜んでいます。その辺にいる女の子とは比較にならないほど綺麗ですが、大抵はLB(Lady boy)とかTS(Trans gender)と書いていますので気をつけましょう。それでも綺麗なら問題ないという人はもちろんそのままいっちゃってください\(^o^)/


で、僕がコンタクトを取ったのはフィリピンの女の子でした。

会話が始まるとすぐ会える?と聞いてくるのが当たりです。写真送ってよと言うとすぐに何枚も写真やビデオを送ってくれます。

Tinder_1


これは可愛いですねー(・∀・)

どうやら現地のエロ雑誌の表紙にもなった事があるようでマジで可愛いです。
チップは最初は2~3万(1回のみ)とふっかけてきますが大体1.5万くらいまで下がります。

Tinder_2


あとは彼女が泊まっているホテルを教えてくれて会う時間を約束します。
今回は東新宿のホテルにいるらしく、ちょうど新宿にいた僕はすぐアポを取りました。

ポイントは女の子の泊まっているホテルに直接行くので、デリヘルのようにホテル代が別途掛からず意外とお得です。


ホテルに着いたと連絡すると部屋番号を教えてくれて誘導されます。
女の子によっては警戒して写真を送ってと言われたりもしますが、桃源郷までもうすぐなのでここは素直に従いましょう。

まぁ今回はルームキーがないとエレベータに乗れなかったので、ロビーまで来てもらっちゃいましたけどw

女の子がロビーまで降りてきた時はビビりましたね・・・。


想像してみてください。


目の前にあるエレベータの扉が開くと、そこにはめちゃめちゃ綺麗な女の子が一人で立っているんですよ・・・。


半端ないって!!( ゚д゚)


目が合った瞬間、衝撃が走りましたわ。(他に待っている人がいなくて良かった・・・)

カモーン♪と誘い込まれてそのまま中に入り、女の子の隣に立つと香水の良い匂いがします。
ヒールを履いて170cmくらいのスラッとした感じで、ストレートの長い髪にロングのコートがよく似合います。
エレベータの扉が閉まると「会えて嬉しい♪」と軽くキスをしてくれました。何回かキスを交わした後に、女の子がコートの前を開けるとなんとセクシーなランジェリー姿


もう二度目の衝撃が走りましたわ。(ホント他に誰もいなくて良かった・・・)


たった十数秒の密室内の出来事でしたがもうメロメロにやられちゃいました。
手を繋いで部屋へ向かい、ドアを開けるとすでに照明が薄暗くなっており何とも淫靡な雰囲気が漂っています。
これから起きる事を想像すると(;゚∀゚)=3ムッハー堪らんな~と思いながら玄関を締めて中に進むと、


ん?・・・誰か人の気配がする・・・


(続きます)